RERの乗り方

RERについて

RER_1          RER_2

パリにはメトロのほかに、郊外へと伸びる高速地下鉄RER(エール・ウ・エール Réseau express régional)があります。
路線は2014年現在、AからEまでの5路線が存在します。

パリ市内ではメトロと共通運賃で、同じ切符で自由に乗降できますが、RERは郊外路線へ直結しており、これら郊外へ行くにはあらかじめ有効な切符を乗車前に買う必要があります。(パリ市内であれば、メトロの切符と同じものが使えます。メトロからの乗り換えもメトロに入った同チケットでできます。)

メトロとは違い、改札が出口にもあるため、正しい切符を持っていないと外に出ることはできないので注意。ちなみに乗越精算制度は一切ないため、乗り過ごすと無賃乗車扱いとなって罰金が課されることがあります。

RERのチケットを買う

RERの駅によって金額が変わるため、事前に行き先の駅(特にスペル)と金額(間違えていたら金額でおかしいと気づけるため)を調べておくと買い間違えることなくスムーズに購入することが出来ます。

このサイトでも調べることが出来ます。http://www.transilien.com/?siteLanguage=en (英語)

こちらでは自動券売機での購入方法を紹介しますが、よく分からなければ、窓口で買うというのも一つの手です。紙に・乗車駅名 ・下車駅名(似ている駅はたくさんあるのでちゃんとフルネームで)・往復(ALLER-RETOUR)か片道(ALLER-SIMPLE)か・購入枚数(○billets)を書いて窓口の係員に渡して購入しましょう。

駅内に設置されている自動券売機はこのようなものが多いです。右は操作部のアップ。小銭またはカードを使うことが出来ます。

RER_3           RER_4

こちらはタッチパネル式。右側のチケットマークの方をタッチ。

RER_5

«Billets Iles de France »を選択。ボタンの場所は券売機によって変わる場合があります。

RER_6

出発駅を選んでください。もし今いる駅からのチケットを買う場合は上のボタン、ほかの駅からのチケットを買う場合は下のボタン。ちなみに右のAnnulerは全取り消し、その下のRetour à l’étape précédenteは前の操作画面に戻るです。

RER_7

次に到着駅を選んでください。候補にない場合は駅のスペルをその場で入力。上に候補が出てくるので選択。例えばベルサイユ宮殿最寄りのRER駅ならVersailles Rive Gを選びます。

RER_8

Billet à l’unitéチケットばら売り、Carnets(10 billets)カルネ、Aller-retours往復のどれかを選択。

RER_9

何セット買うのかの選択をします。

RER_10

大人通常料金はPlein tarif、4~10歳の子供料金はTarif enfantを選びます。(下のTarif réduitは割引カードを持っている人用なので使用しません)

RER_9

この画面にきたら、必ず行き先と金額を確認して、小銭またはクレジットカードでお支払いください。カード投入口は右。暗証番号を押して右下の緑のVボタンを押します。

RER_11          RER_12

支払いが完了すると、レシートを発行するか否かの画面に行きますのでOUIかNONで選択。券売機の下の口からチケット(とレシート)を取り出します。

RERの乗り方

RER_13          RER_14

改札は、ほぼメトロと同じです。チケットの投入口にチケット入れ、引き抜くとバーが開きます。

ホームへ向かうとき、どの号線にのるか、どこ行きの電車に乗るかを電光掲示板やパネルで確認してください。基本終点駅の表示しかされていません。各ホームにはそのホームに入る電車が何時に着くかの案内画面があります。同じホームでも行き先が違う電車が来ることがありますので要チェック。

RER_15

RERは駅をでるときもこのような改札があり同じチケットを投入しなければいけません。日本ですと、出る時チケットは戻ってきませんが、こちらは戻ってきます。このチケットを引き抜かないと出口の改札のバーも開きませんのでご注意を。

RERは、メトロよりもスピードが速いのでうまく利用すると効率よくパリ市内を移動することが出来ます。また、郊外に行くときは必然的に利用することになるので乗り方は覚えておきたい交通機関です。

ただ郊外は治安が悪いところ(特にRER Bの北駅から空港間)があるので、出来るだけ人がおおい車両に乗るようにし、十分気をつけてご利用ください。