ノートルダム大聖堂

概要

パリのノートルダム大聖堂 はゴシック建築を代表する建物であり、フランス、パリのシテ島にあるローマ・カトリック教会の大聖堂です。「パリのセーヌ河岸」という名称で、周辺の文化遺産とともに1991年にユネスコの世界遺産に登録されました。ちなみに、「ノートルダム」とは「私たちの貴婦人」という意味で、聖母マリアのことを指します。南側に見えるバラ窓は圧巻です。 直径13mで13世紀のオリジナルのステンドグラスが見られます。終末に現れる黙示録のキリストの周囲に使徒や聖人たちが集まっている場面を描いたものといわれています。

営業時間・料金

営業時間: 8 :00~18:45(土日は19 :15まで)

入場料金: 無料

受付オフィス(入り口正面)営業時間: 月曜-金曜 9:30-18:00
土曜、日曜: 9:00-18:00

★日本語館内案内ツアー 毎金曜日 午後2時 : (木曜日になる場合があります)
案内は無料。

★オーディオガイド受付時間(日本語あり)

9:30-18:00(月-土)、13:00-18:00(日)

料金:5€

★宝物庫の見学

9:30-18:00(毎日)
※特別な祭典等によって時間が変更になることがあります。

料金:4€ 26歳未満割引:2€ 信者:無料

★塔の見学

10:00-18:30(4/1-9/30)

7月8月の金曜、土曜は10:00-23:00

10:00-17:30(10/1-3/31)

最終入場45分前

料金:8,5€ ※18歳未満は入場無料

※現在、一部工事中のため見学できる場所が制限される、または予告なく見学不可になる場合があります。

塔入場不可日:1/1,5/1,12/25

 

場所・メトロ

住所: 6 Parvis Notre-Dame – Place Jean-Paul II, 75004 Paris

cathédrale notre-dame, Place du Parvis Notre Dame 75004 Paris

最寄メトロ: ④Cité, Saint-Michel RER B,C St-Michel Notre Dame