,

【香水美術館に行ってきました! その1】

2016年12月に、パリの高級ブティックが立ち並ぶ8区に香水博物館がオープンしました。1400平方メートル広さを誇るこの博物館は、66のフランスの香水メーカーが集結し、“高級感のあるフランスの生きたアートのプレゼンター”として、香水の歴史や文化を展示しています。さまざまなテクノロジーを駆使して、いろいろな体験もできる展示が実現され、全部で70種類もの香りを堪能することができます。

地下一階に降りると、そこは古いカーブのようになっており、クレオパトラなど香水と深い縁のあった人についての展示といった、香水の歴史を見学することができます。エレベーターで2階に上がると、白を基調にしたスタイリッシュで明るいフロアでさまざまな香りを楽しめます。なかでもひと際ユニークだったのが、「Garden of Scents(香りの庭)」です。花の形をした白いオブジェが設置され、その花に顔を近づけると、中心の部分が明るく光り、そこから匂いが漂ってきます。これは何のにおいかなと自分で推測してみるのも楽しいですね。バジルやシナモン、海辺や焚き火、コーラ、マドレーヌなど、11種の香りが楽しめます。

 

Grand Musée du Parfum / 香水大博物

【住所】  73 rue du Faubourg Saint Honoré 75008
【メトロ】  Miromesnil 9,13番線、Saint Philippe du Roule 9番線、Franklin D.

Roosevelt 1,9番線

【開館日】  火〜日 10:30〜19:00(金22:00まで)
【休館日】  月
【料金】  18歳以上14.5€、13〜17歳9.5€、6〜12歳5€、5歳以下無料
WEBサイト】   http://www.grandmuseeduparfum.fr

【プランタンのメンズ館 Printemps de l’Hommeリニューアルオープン】

パリの有名デパート、プランタンのメンズ館 Printemps de l’Homme(プランタン・ド・オム) がリニューアルオープンしました。新しいメンズ館は、最先端のメンズファッションを網羅できる6フロア構成になっており、広さは11000㎡となっています。各フロア中央に設置されたエスカレーターは、建物内を垂直に貫いており、その頂点の透明な天井からは26mの高さの「帆」のオブジェが広がっています。フロア設計を3つの異なる建築事務所に託した結果、それぞれ特徴の異なるフロアが出来上がっているので、エスカレーターで移動しながら、それぞれの個性的なフロアを楽しめます。高級メンズブランド、クリエイターブランドからデニム、スポーツウェア、アンダーウェア、シューズまで、250のブランドが勢ぞろいしており、そのなかには、プランタンだけでしか買えないブランドも数多くあるそうなので、一見の価値ありです。

 

地上階:アクセサリー

1階:ラグジュアリー プレタポルテとデザイナーズ

2階:アーバンファッション

3階:コンテンポラリーファッション

4階:スポーツウェアファッションとアンダーウェア

5階:シューズ

 

プランタン・デパート

http://departmentstoreparis.printemps.com/ja

 

Photo © Manuel Bougot

【 香水美術館12月にオープン】

今年の12月に、パリの高級ブティックが立ち並ぶ8区に香水博物館がオープンします。1400平方メートル広さを誇るこの博物館は、66のフランスの香水メーカーが集結し、“高級感のあるフランスの生きたアートのプレゼンター”として、香水の歴史や文化を展示しています。職人技の紹介や、科学的な取組みなど多岐にわたる内容の博物館となっています。香水の元となる植物が咲き乱れる大きな庭も見所です。
場所:73 rue du Faubourg Saint-Honoré 75008 Paris

公式サイト:http://www.musee-du-parfum.fr/

,

【ツール・ド・フランス2016】

Bonjour!
ツールドフランスもいよいよ終盤になってきました。

最終日、7月24日(日)の第21ステージはシャンティイ(Chantilly)からパリのシャンゼリゼ通りのゴールまで113キロ。
16時35分出発、18時頃から凱旋門に到着予定です。

シャンゼリゼ通りからエッフェル塔付近(アルマ広場)、コンコルド広場、ルーブル等を通っていくコースを8周、ゴールは19時すぎと予定されています。
凱旋門の周りを走る時はスピードを落とすので他の場所よりもシャッターチャンスが多いです!
選手を応援したい方は是非行ってみて下さい。
日本からは大腿骨骨折から3か月ほどで回復し、ツールドフランスの第6ステージでは敢闘賞を獲得した新城幸也選手も参加しているので日の丸を振りたい方も是非。

最寄り駅:
凱旋門・シャンゼリゼ通り入口:
①②⑥Charles de gaulle étoile
(!注意 RER A線は7月23日から8月21日までLa DefenseとNationの間は工事で閉鎖中)
シャンゼリゼ通り:
①George V
①⑨Franklin D.Roosevelt
コンコルド広場:
①⑧⑫Concorde

© le tour.fr
写真はツールドフランス2015のものです。

,

【パリでビーチ気分はいかがですか?】

7月20日から約1ヶ月間、パリのセーヌ川右岸沿いと19区にあるヴィレット貯水池にビーチが出現します!

この時期にヴァカンスが取れないパリジャンの為にパリにいても浜辺の雰囲気を楽しんでもらおうと始まったイベント『パリ・プラージュ』はパリ・ビーチという意味で、毎年多くのパリジャンや観光客が日焼けをしにやってきます。子供たちは砂遊びに大はしゃぎ!

やしの木やミストシャワー、アスレチックが設置され、水上プールやボートがある場所もあります。屋台で飲み物や軽食を買って、ウッドチェアーでゆっくりとくつろぎながら読書をしている人も毎年よく見かけます。

ペタンクというフランスの伝統スポーツで遊べる場所や、太極拳などを体験できるレクリエーション、動物園による動物の生態の展示、コンサートやダンスもあり、老若男女が楽しめるイベントです!

この夏、パリにお越しの方は水着を忘れずにお持ちくださいね!

パリ・プラージュ(Paris Plages)
場所:市役所広場(Parvis de l’Hôtel de Ville)・ジョルジュポンピドゥー道(Voie Georges Pompidou)
期間:7月20日~8月21日
アクセス:メトロ1番線 Louvre-Rivoli駅、7番線 pont-neuf 駅、 1/4/7/11/14番線châtelet駅、1/11番線hôtel-de-Ville駅、1番線saint-paul 駅、 7番線pont-marie駅またはsully-morland駅
時間:9時から24時(入場無料)

場所:ヴィレット貯水池(Bassin de la Villette, 19区)
期間:7月20日~8月21日
アクセス:メトロ2/5/7bis番線 Jaurès駅、7番線crimée駅、5番線laumière駅
時間:9時から24時(入場無料)

ホームページ:http://www.sortiraparis.com/…/53926-paris-plages-2016-le-pr…(仏)

,

【7月14日はパリ祭です!】

7月14日(祝)は1789年に起こったバスティーユ牢獄襲撃に由来するフランス革命を記念した建国記念日です。パリ祭とも呼ばれるこの祝日には、1年で1度しか見られないシャンゼリゼ通りでの軍事パレードやエッフェル塔での花火が楽しめます。

 

朝10時~12時まで

フランス大統領が指揮を取る陸・空・海などフランス軍が一同にそろう大規模な軍事行進パレードがシャンゼリゼ通りで行われます。オーランド現フランス大統領のパレードや戦闘飛行機による航空ショーなど盛りだくさんです。

開催場所:シャンゼリゼ大通り(コンコルド広場~凱旋門の全通り)

メトロ閉鎖:Concorde駅(1,8,12番線)7~12時 閉鎖
Tuileries駅(1番線)8~12時 閉鎖
Georges V駅(1番線)8~12時 閉鎖
Franklin Roosevelt(1,8,12番線)8~12時 閉鎖
Charles de Gaulle Etoile駅(1,2,6番線,RER A線)

8時~12時 出口「Avenue Carnot」以外の全出口閉鎖

Champs Elysées Clemenceau(1,13番線)状況により閉鎖

交通規制:シャンゼリゼ大通りと大統領官邸(エリゼ宮)周辺の広い範囲で、深夜・早朝から車両交通止めとなります。パレード見学への車移動・タクシー利用はできませんのでお気をつけ下さい。
夜23時~23時35分まで

エッフェル塔を囲むように打ち上げられるダイナミックな花火をご覧になれます。今年のテーマは、”Paris est une fête”(パリは移動祝祭日)。これは、”老人と海”に代表されるノーベル賞受賞作家 アーネスト・ミラー・ヘミングウェイが書いた本のタイトル。1964年に発表された、この「移動祝祭日」は、彼がパリで過ごした青春時代が綴られています。11月13日にフランス・パリで起きた、同時多発テロのあと、図らずもベストセラーとなりました。

21時30分からは、エッフェル塔の下でクラッシックコンサートも開催されます。

花火はエッフェル塔が見えるところならば、パリ市内のどこからでも見物ができますが、おすすめは、トロカデロ広場(Les jardins du Trocadéroやアルマ橋(le pont de l’Alma)、シャンドマルス公園(Champs de Mars)です。しかし、大変混雑しますので、ケガやスリなどにはお気をつけ下さい。

花火打ち上げ点火場所:エッフェル塔・トロカデロ広場の噴水付近より

メトロ閉鎖:Trocadero駅(6,9番線)出口終日閉鎖
Passy駅(6番線)20時以降閉鎖
École Militaire駅(8番線)20時以降閉鎖
La Tour Maubourg駅(8番線)20時以降閉鎖
Iéna駅(9番線)20時以降閉鎖
Alma Marceau駅(9番線)20時以降閉鎖
RER C線 Champs de Mars駅、Pont de l’Alma駅 20時以降閉鎖
交通規制:エッフェル塔・トロカデロ広場・シャンドマルス公園周辺の広い範囲にて夕方から車両交通止めとなります。

 

 

© Armée de l’air

,

【パリのど真ん中に麦畑!?】

今月の初めにオペラ座の近くの宝石店が立ち並ぶヴァンドーム広場に突如、麦畑が現れました。

“Blés Vendôme(ヴァンドーム麦)”と名づけられたこの作品は、日本にも馴染みのあるGad Weil(ガッド ・ウェイルズ)氏のプロデュース。

ガッド氏は、2014年、OECD東北スクールの一環として行われた“パリで東北をアピールしよう!”という企画で、福島県の学生たちとワークショップを行い、同年8月にパリで行われた“東北復幸祭”を成功に導いた一人です。

この2800平米にもなる広大な麦畑は、約12万リットルの砂を敷き詰め、およそ600人もの作業員を動員して10日間かけて作られました。

金銭面でサポートしたのは、フランスの超有名ブランド、シャネル。麦の穂は、決して枯渇することのない創造力をさりげなく表現しているとしてココ・シャネル自身の幸運のお守りでした。彼女は、自分の部屋も麦の穂でデコレーションをして、またジュエリーにも取り入れました。大都会のパリでちょっと一息、心休まる麦畑を眺めてみるのもいいのではないでしょうか。

場所:Place Vendôme, 75001 Paris
日程:2016年7月1日~7月7日まで
料金:無料

OECD東北スクール
http://oecdtohokuschool.sub.jp/DSC_0015

DSC_0016

DSC_0017

,

【夏のソルド / 6月のパリ】

今日6月24日(金)のパリの最高気温は24度、最低気温は15度の予報です。
梅雨はないフランスですが、今月は記録的な雨続き、どんよりとした天気でした。しかし、おととい昨日の2日間は突然30度近くまで気温が上がり、夏が突然やってきました!

添付の写真は昨日6月23日(木)のものですが、皆ノースリーブにサンダルで、気持ち良さそうに過ごしていました。

 

しかし!今日以降、また例年通りの20度前後の気温に戻り、最低気温が12度なんて予報の日もあります。上がったり下がったりの気温で体調を崩さないように注意したいところです。

本日のパリでの服装をお知らせいたします。
・薄手のカーディガン
・ノースリーブ
・ロングパンツ
・ぺたんこ靴

日の出は5時48分、日の入りは21時58分です。今日はTシャツでは少し肌寒いのでカーディガンが必要でした。

 

今週6月22日(水)から夏のソルドが始まりました!初日からパリ市内では50%オフの表示が溢れています。8月2日(火)まで6週間続き、ギャラリー・ラファイエット、プランタンなどの各デパートは、期間中日曜も特別営業を行います。

期間中フランスにいらっしゃる方は是非お買い物を楽しんでください。

 

image (40) image (43) image (42) image (39)

,

【お土産に人気!ゲランドの塩】

フランス土産として常に人気な塩。デパートやスーパーにはトリュフ塩や岩塩など様々な種類があり、どれを買っていいものか迷ってしまいます。

それぞれに味が違うのですが、日本旅行パリ支店スタッフのお勧めはパリのオペラ通りで購入できるEMI TRAVELさんが販売している「ゲランドの塩」です。

 

「ゲランドの塩」は世界的にも有名ですので、既にご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが、フランスのブルターニュ地方にあるゲランド塩田で採取される高級塩です。人気の秘訣は、全て無添加であることや、長年受け継がれてきた全て手作業の採取方法で、塩職人たちが丁寧に生産していることです。

味は、少し甘みがあってマイルド。しっとりと湿っているので日本で一般的に使用されているさらさらの塩とは少し質感が違います。

 

炊き立てのご飯で塩結びを作ったり、パン作りに使ったり、オリーブオイルと一緒にサラダに振りかける等、シンプルな料理がぐっとおいしくなります。また、入浴剤としても使用されているので、浴槽に一振りすると保温効果があるそうです。

 

販売しているEMI TRAVELさんのラウンジは、パリの中心部ピラミッド駅から徒歩5分の場所にあり、そちらで商品を販売しています。

ノーマルの「ゲランドの塩」の他に、サラダによく合う「イタリアンブレンド」、お肉によく合う「ヴィアンドスペシャル」の三種類があり、小分けになった3種類が1セットで12ユーロです。非常にお得ですし、重くないのでお土産に最適です。

その他、瓶詰めのものや、胡椒とセットになったもの、塩以外にもワイン、はちみつ、砂糖、オリジナルのハンカチなどの商品を購入することができます。

 

こちらのラウンジは、どなたでも入ることのでき、日本人スタッフの方が常に対応していますので、商品説明もしっかり聞くことができます。

又、EMI TRAVELさんが主催する現地ツアー(モン・サン・ミッシェル、ルーブル美術館、ヴェルサイユ宮殿など)の申込みや案内も聞けますし、WI-FIも完備しているので、旅の計画を立てるのにもお勧めです。是非立ち寄ってみて下さい!

 

エミトラベルパリ・サポートラウンジ

場所:3 Rue Molière, 75001 Paris

電話:01 8576 0040

営業時間:月曜~土曜 14:30~18:30(7月30日(土)まで。その後の営業時間がHPをご確認ください。)

http://www.emitravel.net/supportlounge/

 

BSET CSET DSET FEILER Lounge Sans titre

, ,

【ルーブル美術館のピラミッドが消えた!】

ルーブル美術館の入り口、ガラス製のピラミッドは一度見たら忘れられない存在感があります。これは1989年にアメリカ人建築家によって作られたもので、今では皆このピラミッドを背にして写真を撮るパリの人気スポットとなっています。
しかし今ルーブル美術館を訪れると、そのピラミッドがまるで消えてしまったように見えます!これは、フランス人アーティストJRによる「JR au Louvre」というプロジェクトで、ピラミッドの全面に写真を貼り、後ろにある美術館の建物と同化させてピラミッドを消してしまうというものです。

見るポイントを会わせると、綺麗に一致し、まるでそこに何もないかのような錯覚に陥ります。アイディアが斬新ですよね。
こちらのプロジェクトは6月27日(月)まで行われていますので、是非珍しいルーブル美術館の姿を見に行ってみてください。

 

今後のフランスの主なイベントをお知らせいたします。

 

2016年6月10日(金)~7月10日(日):サッカー欧州選手権「EURO2016」
開幕戦は6月10日(金)フランスVSルーマニアです。

 

2016年6月21日(火):音楽祭「Fête de la musique」
フランス全土が音楽で包まれます!道を歩けば至る所で生演奏が行われています。

 

2016年6月25日(土)~26日(日):LGBTのパレード(旧・ゲイ・プライド・パレード)
同姓愛者などによる大規模なパレード。大音量と共にお祭り騒ぎです。

 

2016年7月2日(土)~24日(日):ツール・ド・フランス「Le Tour de France」
今年はモン・サン・ミッシェルからスタートします。

 

その他にもフランスの夏は、面白いイベントが盛りだくさんです!
先週までの大雨もやみ、今日は青空が気持ちのいいパリです。

 

image (2) image image (32)