,

【パリにある日本人に人気のショップの場所紹介】

海外ブランド製品は日本で買うとやっぱり高い!海外に行った時によりお得に好きなブランドの買い物がしたいという方は多いはずです。
そこで、パリに数ある世界の人気ブランドショップの場所を一部紹介させていただきます。基本、店舗はギャラリーラファイエットやプランタンなどの大型デパート内に入っていますが、今回は直営店をご紹介いたします。

●ボンボンウォッチBonbon Watch
BONBONはフランス語でキャンディという意味。スワロフスキーのストーンを使って飾られた時計は、かわいらしいものばかり。時計の飾りは、全てフランス職人の手作りでつけられています。
・シャンゼリゼ店 15 bis Rue de Mnignan,75008
最寄メトロ:Franklin D.Roosvelt

・オペラ店 12 Boulevard des Capucines
最寄メトロ:Opéra

営業時間 11 :00~19 :00 日曜祝日休み
公式サイト : http://www.bonbonwatch.co.jp/(日本語)

●エミリオ・プッチEMILIO PUCCI 
フィレンツェの侯爵家に生まれたエミリオ プッチによって創業された、人気のイタリアンブランド
36 Avenue Montaigne 75008 Paris
最寄メトロ:Franklin D.Roosvelt
営業時間:9:00~12:00 – 14:00~18:00
公式サイト : http://www.emiliopucci.jp/ (日本語)

●ボッテガ・ヴェネタ (パリ店) Bottega Veneta
イタリア・ヴェネト州ヴィチェンツァを本拠地とするファッションブランド。なめし革の紐を編み込んだ、「イントレチャート intrecciato」はボッテガ・ヴェネタを象徴するデザインとして有名

12 Avenue Montaigne 75008 Paris
最寄メトロ:Franklin D. Roosevelt – Alma-Marceau

14 Rue Fbg St Honoré 75008 Paris
最寄メトロ:Concorde – Madeleine

営業時間 10:00~19:00 日曜祝日休み
公式サイト : http://world.bottegaveneta.com/default(英語)

●IWC (インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)
1868年にアメリカ人のフローレンティナ・アリオスト・ジョーンズがスイスで創業した腕時計ブランド
15, rue de la Paix Paris75002 France
最寄メトロ:Opéra
営業時間 10 :30~19:00 日曜祝日休み
公式サイト :http://www.iwc.com/en/ (英語)

【2017年フランスのミシュラン発表】

先月に、ミシュランのレストランガイドがフランスで発売されました。

日本人シェフが大奮闘しております。

 

 

3ツ星☆☆☆

今年新たに3ツ星を獲得したのは、フランス・アルプスの高級スキーリゾート、クーシュベルのホテル「Cheval Blanc」内のレストラン「1947」の1店だけでした。シェフは、パリの「Pavillon Ledoyen」で既に3ツ星を獲得している、ヤニック・アレノ氏。

 

2ツ星☆☆

新たに2ツ星を獲得したお店は12軒あり、そのうちパリのレストランは3軒でした。日本人にとっては誇らしいことに、日本人シェフ、小林圭さんのレストラン「Kei」が初の2ツ星を獲得いたしました。「Passage 53」に続き、日本人で2人目の2ツ星シェフとなり、これからもますますのご活躍が期待できそうです。

 

1区:Kei

1区:La Table de l’Espadon(ホテル・リッツ/ディナータイム)

8区:Clarence

 

1ツ星☆

新たに1ツ星を獲得したお店は57軒あり、そのうち11軒がパリのレストランでした。日本人シェフは、パリに3軒、ランスに1軒と、合計4名が獲得しました。

パリ Paris

1区:Les Jardins de l’Espadon(ホテル・リッツ/ランチタイム)

1区:restaurant du Palais-Royal

2区:Sushi B (花田まさよしシェフ)

4区:H

5区:Alliance (大宮敏孝シェフ)

7区:Divellec

8区:Akrame

8区:Le George(ホテル・ジョルジュ・サンク内)

8区:L’Orangerie(ホテル・ジョルジュ・サンク内)

16区:LArcheste(伊藤良明シェフ)

17区:La Scène Thélème

 

ランス Reims

Racine (田中一行シェフ)

ミシュランガイド公式サイト

https://restaurant.michelin.fr/guide-michelin

 

香水博物館”Grand musée du Parfum”オープン!

以前にも紹介いたしましたが、パリのシックな8区に香水博物館が誕生いたしました。

新たなパリの名所となるであろうこの博物館は、かつて、オートクチュールのメゾンであるクリスチャン・ラクロワが本社を置いていた建物を改装して作られました。
かつては富裕な暮らしの場であった館の特性を活かし、独特な空間が楽しめます。

この博物館は全体が香り箱のように作られており、上階には『香りの庭』があり、見学者を香りの世界に引き込みます。
香水が好きな人にも苦手な人にも楽しめる、ちょっとしたゲーム感覚で匂いを当てるコーナーなども常設されており、従来のものとは違う、新たなそして個性的な博物館となっています。

ぜひ、パリにいらした際には、遊びに行ってみてください。

  • 住所/73 rue du Fbg St-Honoré 75008 Paris
  • 営業時間/1 0 :30~19:00(火~日曜)金曜22:00まで
  • 入場料/大人14,50€ 子供(6~12歳)5€
  • メトロ最寄り駅/9,13番線「Miromesnil」1,9番線「Franklin D Roosevelt」
  • 公式サイト(フランス語版)http://www.grandmuseeduparfum.fr/

【シャンゼリゼでクリスマス】

シャンゼリゼのクリスマス・イルミネーションを見に行ってきました。80万個のLEDがキラキラして、とてもロマンチックです。クリスマス・マーケットには、すでに観光客がたくさん遊びに来ていて、大盛況でした。

その他の日程は以下のとおりです。

  • シャンゼリゼのクリスマス・マーケットLes marchés de Noël aux Champs Elysées

2016年11月11日~2017年1月8日 毎日開催

  • コンコルド広場の大観覧車La Grande Roue

2015年11月13日~2016年9月15日 12€(10歳以下6€)

毎日11:00~深夜0時

 

dsc_0683

dsc_0687

dsc_0693

dsc_0688

【フランスの祝日】

数少ないフランスの祝日の中で11月は2日祝日があります。11月1日の諸聖人の祝日と11月11日 第1次世界大戦休戦記念日です。

余談ですが、日本には祝日は16日あるのに対しフランスは11日しかありません。また、日本は祝日が日曜日だった場合必ず振替休日が設けられますがフランスはなし。2016年はクリスマスとお正月が日曜日ですので、バカンスが大好きなフランス人たちは恐ろしいほど落胆しております。お正月の三か日の慣習も日本独自のものでフランスにはありません。しかし、パリにとって、これからの時期が一年で一番観光客が増える時期です。今年、シャンゼリゼ通りは、11月21日から1月8日まで、80万個のLEDを使用し、400本の木がライトアップされます。ぜひ、パリで思い出に残るロマンチックな年末を過ごしにきてください。

dsc03092 dsc03115

【たびーらちゃんパリご案内パート3】

今日は、フランスお土産探しにオペラ近辺に出かけます!

たびーら、一人でメトロに乗ってみます!無事に切符買えましたよ。

 

そして、オペラ到着。ブラブラしましょう。

何がいいかなー。

ちょっとおなかが空いたので、バゲット買っちゃおう!

あ、ラ・メール・プラールがあります!

1888年から創業しているフワフワオムレツの老舗、ラ・メール・プラール。2013年にはパリで唯一、オペラ座通りにお店がオープンしました。お店には、サブレ、ジャムや、シードル(りんごのお酒)など、いろいろなものが置いてあり、ラ・メール・プラールの本店があるモン・サン・ミッシェルで有名なノルマンディー地方の特産品も買うことが出来ますよ。日本でも有名になってきたプラールおばさんのクッキーを本場のフランスでぜひ召し上がってみてください!

さて、次は、、、「La Cure Gourmande(ラ ・キュル・ グルマンド)」に行ってみましょう。南仏で生まれたお菓子専門店で、クッキーの他にもヌガー、キャラメル、チョコレート等のお菓子が売られていますね。店内の天井までディスプレイされているお菓子は圧巻で、どれも缶やリボンがかわいくて、綺麗です。缶だと大きくてかさばると気になる方には、量り売りのクッキーであれば紙袋に入れてくれますので、持ち歩きにも便利ですし、好きな量で買えるのが嬉しいですね。

店内に入ると店員さんが試食のクッキーを差し出してくれるのも嬉しいです。たびーらも味見!

そして近くのフラゴナール香水博物館に行ってみました。観光客がたくさんいますね。たびーら、いろんな香水を試してみます。とてもいい香りがしますねー。特にアイリスのコーナーが素敵。

 

【La mère Poulard (ラ・メール・プラール)】

  • 住所/19 Avenue de l’Opéra, 75001 Paris
  • 営業時間/9:30~19:30(月~土曜)
  • メトロ最寄り駅/7,14番線「Pyramides」
  • 公式サイト(日本語版)http://jp.merepoulard.com/257-

 

【La Cure Gourmande(ラ ・キュル・ グルマンド)】

  • 住所/49 avenue de l’opéra 75002 Paris
  • 営業時間/10:00~20:00(月~日曜)
  • メトロ最寄り駅/3,7,8番線「Opéra」
  • 公式サイト(フランス語版)http://curegourmande.fr/

 

【フラゴナール香水博物館】

  • 住所/3-5 square de l’Opéra Louis-Jouvet – 75009 Paris
  • 営業時間/9:00~18:00(月~土曜)
  • 入場料/無料
  • メトロ最寄り駅/3,7,8番線「Opéra」
  • 公式サイト(フランス語版)https://www.fragonard.com/fr/

 

dsc02424

dsc02468

5

dsc02685

dsc02687

dsc02667

dsc02663

dsc02668

dsc02689

dsc02690

dsc02694

【たびーらちゃんパリご案内パート2】

さて、今回は、あの有名なルーブル美術館に行ってみましょう。

観光客がたくさん!長蛇の列ですね!

ピラミッドの前で、記念にパシャ。

 

地下のショッピング通りが気になります。マカロン発見!そして、南フランスのオーガニック化粧品や香水で有名なロクシタンです。

疲れたので、少しティータイム。近くのアンジェリーナに行ってみます。

パリで一番有名なモンブランが楽しめるのが、アンジェリーナ。チュイルリー公園の目の前、コンコルド広場の近くに位置する、アンジェリーナは日本人なら、だれでも一度は食べてみたい、パリを代表するケーキ屋さん。1903年創業の老舗であるこの名店は、あのココ・シャネルも通ったほど、パリジェンヌにとっても歴史の深いお店です。伝統的なレシピを使用して作られるこのモンブランは、濃厚なマロンクリームが絶品で、中のクリームとマッチして上品な味に仕上がっています。また、ホットチョコレートも隠れ人気メニューで、冬にはぜひ飲みたくなります。

  • 住所/226 rue de Rivoli 75001 Paris
  • 営業時間/7:30~19:00、土日祝日8:30~19:00
  • メトロ最寄り駅/1番線「Tuileries」
  • 公式サイト(日本語版)http://www.angelina-paris.fr/

dsc02434

dsc02676 dsc02435

dsc02441

dsc02653

dsc02659

dsc02655

dsc02654

%e5%a4%9c%e6%99%af%ef%bc%88%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%ab%ef%bc%89

【たびーらちゃんパリご案内パート1】

日本旅行・女子旅応援ナビゲーターのたびーらちゃんが、パリにやってきました!

今週は、たびーらちゃんによるパリの見どころをご案内していきます。

たびーらちゃんって誰?という人のために、彼女のプロフィールをご紹介します。

横浜在住の33歳のOLたびーらちゃん。趣味は、セルフエステで、好きなものは、旅とグルメと、そしてお酒。

日本旅行の女子旅のPR活動をお手伝いしようと頑張ってくれています。

 

たびーら: たびーら、人生初のパリ旅行にワクワクしています。いい天気でよかったーー。

まず、はじめに、エッフェル塔に行きます。

これがあのエッフェル塔かぁ、感動!世界中からの観光客であふれかえってますね!

 

そして、シャンゼリゼ通り。観光客が楽しそうにお買い物してますねーー。たびーら、ルイヴィトンの本店に立ち寄りました。欲しいけどなー、無理かなー。でもさすが、シャンゼリゼ!憧れの道を歩けて、満足です。ゲルランの前でもパシャ。そしてまた、エッフェル塔へ!すっかり暗く

なってしまいましたが、ライトアップがきれいです!

 

1619

14 %e5%a4%9c%e6%99%af%ef%bc%88%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%ab%e5%a1%94%ef%bc%93%ef%bc%89 %e5%a4%9c%e6%99%af%ef%bc%88%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%82%bc%e3%83%aa%e3%82%bc%ef%bc%89 %e5%a4%9c%e6%99%af%ef%bc%88%e5%9b%9e%e8%bb%a2%e6%9c%a8%e9%a6%ac%ef%bc%89

【ヴァン・ゴッホ終焉の地、オーヴェル・シュル・オワーズに行ってきました】

ゴッホは37才の時、オワーズ川沿いの小さくてのどかなこの町で自らの命を閉じました。短期の滞在にもかかわらず、この村でゴッホは後の名作となる作品を多く残しています。ゴッホが描いた実際の風景や建物の前には、作品の看板パネルが各所置かれており、ゴッホの絵と実際の風景を見比べながら観光できました。「オーヴェルの教会(L’église d’Auvers-sur-Oise)」や、「カラスのいる麦畑(Champ de blé aux corbeaux)」、そして、ゴッホが眠っているお墓を見に行きました。森と川に囲まれた穏やかな村は徒歩でも半日で充分に観光ができますので、ぜひパリに来た際には、足を伸ばして行ってみてください。

 

フランス観光 公式サイト

http://jp.france.fr/ja/information/24097dsc_0574 dsc_0578dsc_0575  dsc_0576

,

【シャルトルに行ってきました】

パリから西へ約90km、人口約40,000人のこじんまりとした街・シャルトルへ行ってきました。

観光のメインはやはり世界遺産のシャルトル大聖堂で、その堂々とした風格ある建物自体に圧倒されます。

また教会内から眺める、シャルトルブルーと呼ばれる青みのあるステンドグラスは、息をのむほどの美しさです。

春~夏の間(2016年は4/16(土)~10/8(土)の毎晩)は、特別なライトアップ(プロジェクションマッピング)が行われます。大聖堂の外壁や旧市街地の一部が幻想的な

光のアートに包まれます。

大聖堂の周辺にはレストランやカフェなども多く、また中世から残る木組みの家や雰囲気ある坂道、階段などの街並みも楽しめます。

パリからの日帰り観光ツアーもあるシャルトルへ、ぜひ一度お出かけください。

 

dsc_1307 dsc_1312 dsc_1319 dsc_1314 dsc_1320 dsc_1325 dsc_1326