,

【アルザスのススメ その4】

アルザスの美しい街や村の紹介も今回が最終回。アルザスワインの首都とも呼ばれる「コルマール」です。街への入り口では、ここコルマール生まれの彫刻家バルトルディが作者である自由の女神像がお迎えです。街には彼の美術館もあり、ニューヨークの自由の女神の原物が収められています。

街の中心部に入っていくと、アルザス風の木組の家々が並ぶ一帯。花を飾ったバルコニーや出窓が中世の雰囲気を醸し出しています。 PETITE VENISE 「小さなベニス」という意味の、細い運河に沿って建ち並ぶパステルカラーの家々はとてもかわいらしく特に女性に人気です。

コルマールを訪れるツアーは、日本旅行のベストツアー・関西空港発「花のマイナウ島と木組みの街巡り8日」がおすすめです。