今回ご紹介するのは、「リクヴィール」。前回のストラスブールから南へ約70kmに位置し、「フンスの美しい村」を代表する村のひとつです。

ここは高級アルザスワインの産地としても有名で、古くから世界中にその名を知られ、一年中多くの観光客で賑っています。

アルザス地方の街村によくあるとおり、古くはドイツ領だった背景から木組みの家々や、良く手入れされた美しい庭、繊細な彫刻を施した窓、花が咲き誇るバルコニーなどとても調和がとれていて美しく、なんといってもレストランやお店の看板などのデザインもとても可愛いものが多いです。

ここの観光には画像にもあるプチ・トレインの利用がおすすめです。日本語もあるイヤホンガイドで街の歴史などを聞きながら、村の周囲に広がるぶどう畑の高台から村を一望する事ができます。

リクヴィールを訪れるツアーは、日本旅行のベストツアー・関西空港発「花のマイナウ島と木組みの街巡り8日」がおすすめです。