,

【アルザスのススメその3】

今回は、アルザスの最も美しい村としても知られる「カイゼルスベルグ」をご紹介します。カイゼルスベルグとは、「皇帝の山」という意味を持ち、古く中世の時代には神聖ローマ帝国による都市として、また豊かな土壌から生産される良質のワインによって繁栄したという歴史のある村です。

ここでは家の屋根にアルザスのシンボル、コウノトリを、運が良ければ見つけることが出来るかもしれません。ここフランスでも「幸福を運んでくる鳥」として知られています。

この村でも他の村同様に、木組みの家々や美しく手入れされた花々など、絵本の中のようなほのぼのとした世界が広がっていて、現代人の日頃のストレスなどすっかり忘れさせてくれる癒しの空間です。